このエントリーをはてなブックマークに追加
Topics
医療機関と痛風の症状改善方法

医療機関と痛風の症状改善方法

私は太りすぎがたたったせいか、メタボ気味です。
カロリーの多いものを食べ過ぎたせいか、決まって冬場の同じ頃に痛風にかかった経験があります。
これもでに二回ほど足の先が急に痛風という病気になった経験があります。
痛風の症状は風が吹くだけでも痛くなるほどの病気で一旦、痛風になると歩行は困難になるぐらいです。
私は痛風で仕事を二週間ほど休んだ経験があります。


一般的に、痛風の治療は、薬を飲めばある程度、痛みは引くが、ひどい場合は注射をしなければいけないほど痛みが増します。
痛風の原因は尿酸値が高くなるというのが原因だそうです。
主に生活習慣の乱れ・アルコールの飲み過ぎ・肉類など高カロリーに偏った食事・肥満・運動不足・ストレスなどが挙げられます。
そして、尿酸が多いと結晶となり、関節の内側などに沈着するそうです。
この関節に沈着した結晶を白血球が異物として攻撃する事で痛風の症状である激痛が起こります。
痛風を調べるにはます血液検査が必要です。
最寄りの医療機関、痛風を扱っている病院の内科で診断してもらうといいと思います。


痛風の治療には食事療法・薬物療法がありますが、食事療法では総カロリーを制限し、プリン体含有量の多い食べ物をできる限り控えるといいみたいです。
アルコール(特にビール類)はプリン体を多く含みますので控えた方がいいと思います。
その他に適度な運動を常日頃心掛け、ストレスを溜めないようにしたほうがいいと思います。
また、水分を十分に取り、なるべく尿量を多くしたほうがいいみたいです。
それ以外に薬物療法があります。
尿酸を抑制する薬・結晶になるのを防ぐ薬・排出を促す薬などがあり、効果的です。
服用すると痛みがだいぶ引きます。
私は痛風を発症した事で、ビールや焼肉などカロリーが多いものを控えるように心掛けています。
尿酸値が高めの方には、痛風サプリメントなどを摂取するのも効果的だと思います。
いかなる病気も日頃の健康管理が大事だと思います。
病気は体全体のバランスを崩さないようにすれば防止できるのではないかと思います。
バランスを崩すと他の病気も発症する可能性があります。

イチオシサイト

Copyright (C)2016医療機関と痛風の症状改善方法.All rights reserved.